MacRap

外壁塗装のお役立ち情報 ポイント貯まります、使えます。

カテゴリー

埼玉で外壁塗装はマックラップへ!! TEL:0120-607-601 無料現場調査・見積もりはメールフォームからどうぞ!!

Tポイント

施工事例

お客様の声

マックラップについて

MacRap高品質のための 7つのこだわり

Mac Rap 株式会社マックラップ

マックラップのFacebookページはこちら

トップに戻る

外壁塗装|色のイメージが違う!

外壁塗装工事完了時に色のイメージが違う!

 

 

 

”完成後の色合いがイメージしていたものと違う”

obasan_surprise

外壁塗装によくあるトラブルとして「想像していた色合いと塗装後の色合いが違う」という問題があります。サンプルを見ながら塗料の色を選んだにも関わらず、実際に塗り替えてみると違う色に見えてしまう……

なぜ、このような事態に陥るのでしょうか?

 

マックラップでは実際の塗料で塗装したA4サイズの見本で決めてもらいます。今まで、イメージと異なるといったトラブルはございません。

 

 

色見本の意外な落とし穴!「面積効果」と「光源の影響」

外壁に塗装する塗料の色は「色見本(カラーサンプル)」を見ながら選びます。色見本とは、塗料の色を集めて整理した見本帳のことで、表紙を開くと2.5×7cm程度(もしくはそれ以下)の小さな見本がズラリと並んでいます。依頼主は「色見本で確認しておけば、イメージどおりの外壁が完成するだろう」と思いがちですが、色見本には2つの落とし穴があるのです。

1つ目の落とし穴として「面積効果による色の見え方の違い」があります。面積効果とは、面積の大きさによって色の見え方が変わってしまう視覚効果のこと。色見本のように面積が小さいものは濃い色に見え、外壁のような面積が大きいものは薄い色に見えてしまうのです。そのため、サンプルと実物の色合いが違うように見えるというトラブルの発生につながります。

2つ目の落とし穴は「光源の影響」です。色の感じ方は、太陽や蛍光灯など「光を発するもと」によって変化するもの。太陽光の下では自然に見えていた色でも、蛍光灯の下では白色に見え、白熱灯の下では黄色がかって見えてしまいます。そのため、屋外と室内では色の見え方が違うという点にも注意しておきたいところです。

視覚効果に騙されない!賢い色の選び方

面積効果や光源の影響を考えず、色見本のみを参考にして塗料の色を選んでしまうと、イメージと完成結果の間にギャップが生まれます。塗装後のトラブルを避けるためにも、対処法を知っておきましょう。

面積効果については業者に大きめのサイズ(A4くらい)の色見本を作ってもらうことで対処できます。その際、色見本を実際に家の外壁に付けてみると、光源による色味の変化にも気がつくでしょう。太陽光の下で色見本を見ることで、室内にいたときよりも塗装完了後のイメージが想像しやすくなります。

また、屋外で色合いを確認する際には、町並みと調和がとれているかを確認しておきましょう。外壁の色を自分の好みだけで選ぶことはおすすめできません。事前に確認することで「周囲の色合いと調和がとれていない」「家全体と外壁の色に違和感を覚える」などの問題点に気がつく可能性があります。

業者と一度話し合っただけでは、色選びに関するすべてのトラブルが解決するとは限りません。何度か相談しながら、徐々に完成後のイメージを固めていくと、色選びで失敗する可能性は低くなるでしょう。

 

埼玉県の地域密着|
川越・鶴ヶ島・坂戸の外壁塗装は低価格・高品質の実現化を目指す外壁塗装専門店

 

外壁塗装埼玉

 

________________外壁塗装のマックラップ__________

 

埼玉県坂戸市・川越市・鶴ヶ島市の外壁塗装・塗り替え・お任せください
無料現場調査・見積りはHPの「メールフォーム」よりお問合せください。
※他社と見積り比較ください!
お電話からでもお気軽にお問合せください
049-283-7278(受付時間 9:00~18:00)定休日 日曜日・祝日

株式会社マックラップ
埼玉県坂戸市緑町16-9 1F

無料現場調査・見積もりはメールフォームからどうぞ!!

 

 

PAGE TOP