MacRap

外壁塗装のお役立ち情報 ポイント貯まります、使えます。

カテゴリー

埼玉で外壁塗装はマックラップへ!! TEL:0120-607-601 無料現場調査・見積もりはメールフォームからどうぞ!!

Tポイント

施工事例

お客様の声

マックラップについて

MacRap高品質のための 7つのこだわり

Mac Rap 株式会社マックラップ

マックラップのFacebookページはこちら

トップに戻る

屋根の修理が火災保険で0円に!?

火災保険では「風災・雪災・雹災」が補償されています。

「雪災」は雪崩や豪雪によって屋根が抜けたり、建物が壊れたりした時に適用されます。
「雹災」は大粒の雹(ひょう)が降り、屋根が壊れたり窓ガラスが割れた時に適用されます。

2つは埼玉ではあまり馴染みがないですね。

そして「風災」は台風や暴風雨など、最大瞬間風速が20m/秒以上の風によって屋根に損害が生じた場合、保険が適用されます。

 

この風災補償にほぼ100%の方が該当します!

 
なぜなら埼玉の熊谷では1967年~現在までで、毎年のように最大瞬間風速が20m/秒以上の風が吹いており、熊谷以外の埼玉の各地域でも毎年のように記録されています。

なので保険が適用となり無料で屋根リフォームや修理ができるのです。

100%経年劣化の場合は保険適用外となりますが、まず間違いなく風による損害が生じています。

 

専門家がチェックをすればほぼ間違いなくどこか影響を受けています。

「風の影響なんてないな、、保険の対象外だ」と諦める前に一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
 

火災保険の適用には三つの条件が必要

強風による被害である

台風や暴風雨による強風によって屋根がダメージを受けた場合に保険が適用となります。

この強風は最大瞬間風速が20m/秒以上の風のことを指します。

上記の通り、埼玉の熊谷では1967年~現在までで、毎年のように最大瞬間風速が20m/秒以上の風が吹いており、熊谷以外の埼玉の各地域でも毎年のように記録されています。

ですのでほぼ100%の方が強風の被害に該当しており、この条件はパスできます。
 

3年以内の被害である

風災の被害にあってから3年以上経過すると、補償適用外となってしまいます。また被害にあった日時を覚えていることは難しいでしょう。

ですが上記の通り、埼玉の各地で毎年のように強風が吹いており、そのうちのどれかの影響と考えることができます。

なのでこの条件もパスできます。
 

損害額が20万円以上である

二階建ての屋根工事の場合は足場を組みます。その足場代だけで15~20万円程度かかります。

足場代は火災保険の風災補償の対象になり、損害額に含まれます。

その上に塗装や葺き替え(ふきかえ)等の屋根修理費用が加算されるので損害額20万円を超えます。

この条件もパスすることができます。

多数の方が損害額20万円を超えた場合、超えた分のみ保険が下りると勘違いされています。
正しくは損害額が丸ごと下ります。

結果、これらの条件は大多数の方が満たすことができます。
この条件の他にも保険会社や保険内容によって条件等が違うのでご確認ください。
 

お問い合わせから保険適用修理までの流れ

1.当サイトに屋根調査、お見積もりのお問い合わせ

現地調査、お見積もりは無料です。気軽にお問い合わせください。
初めに保険会社ではなく当サイトへお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

2.当方による現地調査を行います。

事前に現地調査の日時を決めその後、現地調査いたします。
現地調査の時点で保険の適用が可能かどうか判断いたします。
もしも保険の適用ができないようであっても一切、キャンセル料や現地調査料はかかりません。

3.屋根調査の報告書とお見積もりを作成します。

現地調査後、速やかに保険会社へ提出する報告書とお見積もりをお作りし、お客様の元へ送付します。

4.お客様から保険会社へ被災の申請

上記の書類を確認して頂き、
お客様から直接、保険会社へ災害補償認定の申請していただきます。
その際、認定申請の方法などを当方でサポートさせていただきます。

5.保険会社側による調査

保険会社への連絡から数日後、鑑定人が現地での調査、あるいは書類による審査をして申請が適正であるか否かの調査が行われます。
後日、保険会社から申請した被害が認定されたかの連絡が来ます。
もしも保険が適用できないと判断された場合も、キャンセル料やサポート料等、一切の費用はかかりません。

6.保険会社から保険金が支払われる

保険申請が認定され、保険金額が確定されましたら指定のお客様の口座へ入金されます。

7.被害箇所の屋根修理

入金が確認されましたら工事日程を調整し、屋根の工事に移ります。
工事完了後、火災保険金の振り込みをして頂き、工事完了報告書をお渡しします。

専門業者に依頼するメリット

保険会社への最初の電話内容で担当者の心証が変わります。
専門業者の調査報告書があれば、被害状況や被災日などしっかり把握してから電話できるので、保険適用の可否や保険金額の査定に有利に働きます。

損害保険登録鑑定人は第三者ですが、鑑定料を払うのは保険会社なので、中には残念ながら保険会社に有利な(つまり支払い金額が少なくなるような)鑑定に傾きがちな鑑定人もいます(全員ではありません)。
専門業者の調査報告書と修理見積書は素人である家主の利益を守るのに役立ちます。

調査から修理まで同じ業者が行うので、別の業者を探す手間が省けます。
調査・申請用書類作成の手数料もかからない場合がほとんどです。

デメリット

悪質な専門業者にあたるとトラブルが生じます。

サイト名:おすすめ資格情報館 URL:https://shizensaigai.or.jp/information/fireinsurance-repair

火災保険で屋根工事をするデメリット

火災保険を使って屋根修理をする際の唯一のデメリットは、時間がかかることです。

通常の屋根修理であれば、現地調査から屋根工事完了までに一ヶ月程度の期間で終わりますが、
火災保険を使った屋根修理の場合は現地調査から工事完了までにおおよそ2ヶ月程度かかります。
 

火災保険をめぐって報告されているトラブル

火災保険でのトラブル例

出典:日本損害保険協会

トラブル1が起こる理由

「自己負担ゼロを強調」これ自体は悪いことではありません。
実際に自己負担ゼロで屋根修理することができます。ではなぜこのようなトラブルが起きるのでしょうか?
トラブル1が起きた原因は、保険金がお客様の口座に振り込まれる前に屋根修理工事をしてしまい、
その後、火災保険の申請が通らなかったことが考えられます。

当社ではこのようなトラブルが無いよう、お客様の口座に保険金の入金が確認でき次第の屋根修理工事となります。
また、火災保険の申請が通らなかった場合であっても、キャンセル料やサポート料等、一切の費用はかかりません。

トラブル2が起こる理由

トラブル2が起こる理由は”保険申請の代行”と”契約書の確認”を曖昧にすることが考えられます。

当社では保険会社への申請はお客様自身でお願いをしています。その際、申請のサポートはさせていただいております。
また保険金がお客様の口座に入金された時、この段階で工事日程と共に工事内容の再確認をし、「工事請負契約」を交わします。

トラブル3が起こる理由

意図的なうその保険金請求はお勧めしません。

ですが実際は、100%老朽化による損害はあまり存在しません。
埼玉では風災が認められる条件である強風(最大瞬間風速が20m/秒以上)が各地域で毎年のように起こっており、
保険適用が認められる件が多いと考えられます。

 

火災保険で直せるのは屋根だけじゃない!

屋根の他にも火災保険で修理ができるものがあります。
下記以外にもベランダ・バルコニー・TVアンテナ・漆喰(しっくい)を修理することができます。

カーポート

雪の重みで天井部が抜け落ちてしまったり、破損してしまった場合も火災保険の「雪災」で補償されます。
埼玉では数年に一度大雪が降り、カーポートが壊れてしまった方も多いと思います。
カーポート破損写真

雨樋(あまどい)

雨水を適切なところへ運び、外壁や家の土台を雨水から守る役割を担っている雨樋も、雪による影響で雨樋の役割を果たさなくなってしまいます。もし下記画像のような状態の場合は修理することをお勧めします。
雨樋の破損画像
 

火災保険・損害保険会社一覧

損害保険会社一覧
東京海上日動火災保険株式会社 http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
株式会社損害保険ジャパン http://www.sompo-japan.co.jp/
三井住友海上火災保険株式会社 http://www.ms-ins.com/
AIU損害保険株式会社 http://www.au-sonpo.co.jp/
明治安田損害保険株式会社 http://www.meijiyasuda-sonpo.co.jp/
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 http://www.aioinissaydowa.co.jp/
共栄火災海上保険株式会社 http://www.kyoeikasai.co.jp/
富士火災海上保険株式会社 http://www.fujikasai.co.jp/
日本興亜損害保険株式会社 http://www.nipponkoa.co.jp/
日新火災海上保険株式会社 http://www.nisshinfire.co.jp/
セコム損害保険株式会社 http://www.secom-sonpo.co.jp/
朝日火災海上保険株式会社 http://www.asahikasai.co.jp/
アイペット損害保険株式会社 http://www.ipet-ins.com/
アクサ損害保険株式会社 http://www.axa-direct.co.jp/
アニコム損害保険株式会社 http://www.anicom-sompo.co.jp/
イーデザイン損害保険株式会社 http://www.edsp.co.jp/
エイチ・エス損害保険株式会社 http://www.hs-sonpo.co.jp/
SBI損害保険株式会社 http://www.sbisonpo.co.jp/
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 http://www.jihoken.co.jp/
セゾン自動車火災保険株式会社 http://www.ins-saison.co.jp/
ソニー損害保険株式会社 http://www.sonysonpo.co.jp/
そんぽ24損害保険株式会社 http://www.sonpo24.co.jp/
大同火災海上保険株式会社 http://www.daidokasai.co.jp/
トーア再保険株式会 http://www.toare.co.jp/
日本地震再保険株式会社 http://www.nihonjishin.co.jp/
日立キャピタル損害保険株式会社 http://www.hitachi-ins.co.jp/
三井ダイレクト損害保険株式会社 http://www.mitsui-direct.co.jp/

 
このうちの保険会社に加入されている方は自己負担金0円での屋根工事が見込まれます。

無料現地調査・お問い合わせはこちらから

PAGE TOP